http://i1.wp.com/proactiv.jp/paspap/material/layout/design_id/paadsf142/images/img09.jpg?ssl=1
ニキビのできる場所によって異なる原因を特定しましょう。

10代の若者だけでなく、大人にもニキビで悩んでいる方が多くいます。

とくに大人のニキビは一度治ったと思ってもすぐにまた同じ位置にできてしまう傾向があり厄介なものです。

ニキビのケアが難しい理由の1つに、できる場所によって原因が異なるということがあります。

原因が違えば、原因に合ったケアをしなければニキビはいつまでたっても予防できません。

ニキビケアで最初に行うのは、原因の特定ということです。

おでこ、Tゾーン、Uゾーン、背中などニキビができる場所は様々です。

例えばお顔以外の場所のニキビであれば、衣類などで露出を防ぐ事により隠す事が可能ですが、お顔に関してはサングラスやマスク以外に隠す方法はありません。

また日常の生活の中で毎日サングラスやマスクを付けられない方がほとんどだと思います。

ですので当然お顔のニキビに悩まされてる方が大多数になってしまいます。

そこで今回は、お顔のニキビに関してのケア商品やケア方法を説明致します。

➡️日本売上NO.1のニキビケア  

Tゾーンにできるニキビの原因

生え際からおでこ(額)、鼻にかけてのTゾーンと呼ばれる場所は、ニキビのできやすい場所の1つです。

特に思春期のニキビが多く現れます。

Tゾーンにできるニキビの特徴

Tゾーンは、皮脂腺の数が多いため皮脂の分泌も当然多くなっています。

皮脂が過剰になると毛穴に詰まって酸化し、それがニキビの原因菌の繁殖のエネルギー源として使われます。

その結果、大量の原因菌が発生し炎症を引き起こすのが、Tゾーンにできるニキビの特徴です。

おでこ(額)のニキビの原因と治し方

思春期のおでこ(額)にできるニキビの原因は、皮脂の過剰な分泌がほとんどです。

おでこ(額)は顔の中で皮脂の分泌量の多い場所なので、新陳代謝の良い若い世代はどうしても皮脂が過剰になってしまうのです。

大人になっておでこ(額)部分にニキビができる場合には、主な原因としてホルモンバランスの崩れが挙げられます。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れて、男性ホルモンが多くなると皮脂が多く分泌されるようになるためニキビを引き起こします。

ホルモンバランスの崩れは生活習慣の改善で治すことができるので、睡眠を十分に取ったり、脂っこい食事を控えたりするなどの対策が、ニキビケアにつながります。

鼻のニキビの治し方

鼻にできたニキビは目立つので指でいじったり無理やり潰してしまったりする人も多いですが、これは絶対にやめましょう。

ニキビは刺激を与えるとより炎症が進んでしまうことがありますし、潰すと周囲にも原因菌が飛び散ってしまい、新たな炎症の元になってしまうからです。

鼻にニキビができてしまったら、無駄に触らずにしっかりと洗顔を行いましょう。

大人の場合は、鼻の周りに残ったメイクがニキビの原因になっていることも多いです。

鼻の毛穴は大きく深いため、メイク落としをしっかりとしたつもりでも実は毛穴の中に残っているということがよくあるのです。

メイクの残りが皮脂に混ざって酸化し、角栓となって炎症を引き起こすので、クレンジングをしっかり行うようにしましょう。

➡️Tゾーンのニキビケアに最適

Uゾーンにできるニキビの原因

口の周辺や顎(あご)、フェイスラインに沿った場所はUゾーンと呼ばれます。

ここでは、Uゾーンにできるニキビについて解説します。

Uゾーンにできるニキビの特徴

本来、Uゾーンは皮脂腺の数が顔の他の部位と比べても少ない場所で、皮脂の量は少なめの場所です。

そのため、過剰な皮脂が主な原因となる思春期のニキビはあまり見られませんが、逆に大人ニキビの好発部位になっています。

Uゾーンニキビの原因と治し方

Uゾーンニキビの主な原因はホルモンバランスの崩れです。

特に女性の場合は生理になるとこの場所にニキビができるという人が多くいます。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの種類がありますが、生理の時期にはプロゲステロンが優位になります。

このプロゲステロンには皮脂の分泌を促す作用があるため、普段は皮脂の少ないUゾーンにも大量の皮脂が分泌されるようになります。

これがニキビの原因となるのです。

そのため、Uゾーンのニキビを改善するためには、ホルモンバランスを上手に調節する必要があります。

ホルモンバランスの崩れは睡眠不足や過剰なストレス、冷えなどによって起こります。改善するためには、規則正しい生活をしたり、体を温めたりするようにしましょう。

それでも改善しないという場合には、医師の診察を受けホルモン治療を受けるのも1つの方法です。

➡️Uゾーンのニキビケアに最適
ブログランキング・にほんブログ村へ